長径術後の痛みが治まらない場合はすぐに病院に相談

自分では判断できない長径術の痛み

長径術にはいくつかの種類があり、それぞれ術後のケアをしっかりしておかないと、痛みを引き起こす可能性があります。
切開する長径術の場合は縫合した部分が裂けてしまったり、傷口そのものに異変が発生するなどが考えられます。
糸を使ったものだと皮膚が引っ張られることで痛みを感じやすいです。
長径術の術後すぐの段階では、まだ自然の状態にはなっていないため、痛いと思うことが多いです。
それは安静にしておくと、勝手に治まります。ただどこまでが問題ない痛みなのかは、素人では判断できません。
なので痛いと感じる頻度が高かったり、いつまでも治まらない場合は病院に相談した方が良いでしょう。
長径術を受ける際には必ずカウンセリングが行なわれ、その際に痛みに関しても説明されるはずです。
その際にどれくらい痛いのかをしっかりと確認しておくと良いでしょう。

どの程度の痛みであれば危険なのかの判断基準も聞いておくと、相談するタイミングが掴みやすいです。

場合によってはセカンドオピニオンも

もし長径術の痛みが施術を行なう医師の技術力に関係する場合は、受けたところに相談しても解決できないかもしれません。場合によっては失敗そのものを否定されてしまう怖れさえあります。
しかし痛いのは身体に異常が発生しているサインである可能性が高いため、放っておくわけにはいきません。
裂けてしまった部分に菌が入り込んだり、異常な締め付けによってうっ血状態になってしまったら、性器そのものが使い物にならなくなる怖れさえあります。
そうなると長径術どころではなくなり、何のために受けたのかさえわからなくなってしまいます。
始めに受けた病院に相談しても痛みが改善されなかった時は、別の病院にセカンドオピニオンという形で相談するのもひとつの手段です。
自分のところで施術を行なったわけではないので、見立てが甘くなってしまうこともないでしょう。
客観的に判断して、対処が必要な場合でもまとめて任せられることもあります。

まとめ

長径術を受けた時は、性器回りは無防備な状態です。
扱い方を間違えれば、大きな問題に発展する怖れがあります。
そうならないために、気付くヒントになる痛みや違和感に注意しましょう。
そして痛いと感じる頻度や時間にも気を配り、尋常ではない場合は我慢してはいけません。
もし異常が発生しているのであれば、対処はできるだけ早い方が良いからです。
したがって万が一の時のために、常に病院に相談できる態勢は整えておきましょう。