長径術の術後の痛みを抑えるために薬は処方されるの?

長径術の痛みを抑えるための痛み止め

長径術でペニスを切開すれば、痛みを感じるのは当然のことです。手術中は麻酔が効いているので痛みは感じませんが、術後は鈍痛がするという人が少なくありません。術後に痛いと感じた場合は、痛み止めの薬を服用することになります。痛みは個人差がありますので、ほとんど薬を服用しない人もいます。歯医者を例にしてもわかりますが、激痛を感じる人もいれば、あまり痛いと感じない人もいるでしょう。

長径術を受けてから1週間くらいはペニスが敏感になっています。この期間中は無理をしない生活をするのが好ましく、なるべく安静にしておいてください。血行を過度に促進する行為は傷の治りを遅くするので注意が必要です。術後に痛いと思うことが多いならば、ダウンタイムが長引いている可能性があります。安静にしておけば傷の回復は早くなり、痛みからも短期間で解放されるでしょう。痛み止め以外には消毒薬や抗生剤などが処方されることがあります。

長径術後の負担を抑えるために

長径術によって埋まっているペニスを引き出すことができます。それゆえ術後は違和感を覚えることがありますが、次第に楽になっていくはずです。痛みは感じない人もいますが、感じる人もいるので痛み止めを処方してくれます。長径術には複数の方法がありますが、永久的な効果を期待するなら切る方法がおすすめです。切るのは怖いという男性が多いですが、思いのほか痛みがないという声が多いです。負担をかけない手術法が確立されているので、痛いと感じる方は少ないでしょう。

長径術を受けるクリニックを探すときは、どの程度痛いのか聞いておくとよいです。手術中よりも術後のほうが痛みを強いという人が少なくありません。痛みを抑えるためのコツは処方された痛み止めを服用すること、そして陰茎に刺激を与えないことです。激しい運動は避ける必要がありますし、入浴はぬるま湯に浸かるのが好ましいでしょう。熱い湯船につかると血行が促進されるので注意してください。

まとめ

メスを使った手術は切除をするので痛いのが当然です。しかし痛みを抑えるための麻酔を使えば、ほとんど無痛に近い状態で手術を受けられます。実際に手術中より術後のほうが痛いという声は少なくありません。術後の痛みを抑えるためには、処方された痛み止め薬を服用するのが得策です。1週間くらい経過すればかなり楽になりますので、それまでは陰茎に刺激を与えないようにしましょう。安静に生活することを意識すれば回復が早くなります。